インプラントで歯のある生活を

より機能的に、より美しく、幸せな毎日を取り戻します

インプラントとは、失われたあなたの歯の代わりに
なる人工歯根のことです。

インプラントは、比較的新しい治療法であり、
失った歯を機能的かつ美しく蘇らせる処置として、
世界的に注目されています。

周囲の歯に負担をかけることなく、高い咀嚼能力を
回復でき、天然歯と同等の機能性を発揮します。

中島歯科医院では、インプラント治療に力を入れ、
医師の治療レベルの向上に努めております。

品質にこだわり抜いた治療

CTによる精密な診断と高品質なスイス製材料の使用

インプラント治療には、精密な診断が不可欠です。

中島歯科医院では、従来は大病院にしかなかった
歯科用CTを導入し、精密な診断ができる環境を整備し、
患者様に高度な医療を提供しております。

インプラントの材料も、世界トップシェアを誇る
「ストローマンデンタルインプラント」を使用し、
徹底的に品質にこだわって治療を行っております。

また、術後のアフターケアに関しましても、
しっかりとご満足頂ける管理を行っております。

当院のインプラント治療へのこだわり

インプラント治療には、補綴主導型と外科主導型の2種類の方法が存在します。

補綴主導型は、歯の位置やかみ合わせを主体に考える方法、外科主導型は、顎骨などの形態を主に考える手法です。

中島歯科医院のインプラント治療は、患者様の個々の嚙み合わせを施術前にしっかりと検討し、その嚙み合わせに
無理な力がかからないベストな位置、角度に埋入する、補綴主導型で行います。

この補綴主導型と呼ばれる治療法は、近年のインプラント治療の主流となっている手法です。

外科主導型が、「骨が充実している箇所に埋入する」という考え方であるのに対し、補綴主導型は、「最適な
噛み合わせを実現するためには、どの場所にどの角度で埋入すればよいか」を考えてから治療をするため、
埋入後にもしっかりと機能させることができます。

補綴主導型のインプラント治療を行うためには、外科的な知識だけでなく、噛み合わせに関する専門的な知識を
習得する必要があります。

また、補綴主導型の考え方で治療を進める際に、必要な箇所に骨組織が不足している場合は、GBR(骨増生)を
併用して治療を進めることもあります。

インプラントの例

参考資料

最先端のインプラント素材「ストローマン」を使用しています

CT撮影

当医院では術前にCT撮影を行い、あらかじめ顎の骨の形態、骨の量、質などを把握し、

より安全に患者様にインプラント治療を行っていただけるように努めております。

豊富な治療実績をもとに、患者さまに安心して頂けるインプラント治療を目指しています。

インプラントを埋め込む

手術時には、麻酔をして行いますので痛みの心配はありません。

顎の骨を削り、顎の骨の中に新しい歯の支えとなるチタン製のインプラントを埋め込みます。

治療期間

インプラントと骨が結合し安定するまで上顎6ヶ月、下顎3ヶ月待ちます。

(骨の状態など様々な条件によって期間が異なります)

インプラントに使用されているチタンは、骨とインプラントが結合する性質を持っています。

必要に応じて仮の歯をご使用いただけますので、食べ物を噛むことは可能です。

アパットメント連結

骨とインプラントが結合して安定した後にインプラント体の頭の部分を開いて、

人工歯を取り付ける支柱(アパットメント)を結合します。

この状態で歯肉が治癒するまで1~6週間待ちます。

歯の装着

歯茎が治った時点で型を取り、上部構造(人工の歯)を作ります。

インプラントのヘッドに医療用セメントや、スクリュー固定(ネジ止め式にて)を用いて、歯を装着します。

色や形は人それぞれ違いますので、各々に合わせて製作してインプラントに取り付けます。

アフターケアについて

メインテナンスにより、歯肉の状態、清掃、噛み合わせの確認など術後のアフターケアまで
患者様に満足していただけるよう、管理させていただいています。

長く使うためには日頃のお手入れが大事です。

治療後も定期的にメンテナンスをいたします。

インプラントを入れた後のケアは、本物の歯と同様に日々の正しいブラッシングと定期健診が非常に重要です。